オノリオ・ルビオ(リオハ)
オノリオ・ルビオ(リオハ)

100年以上続く家族経営の伝統をベースに 革新的なスピリットを持ってワイン造りを行う小さな自然派のワイナリー。

特別限定生産の5種類のワインのブドウ畑ではビオディナミック農法を行う。

 

代表的ワイン

マセラード(マセラシオン7ヶ月の白)

アニャーダス(11年注ぎ足し樽熟白)


バシリオ・イスキエルド(リオハ)
バシリオ・イスキエルド(リオハ)

 32 年 間(1974〜2006) CVNEのトップ醸造家だった彼が、本当に造りたいワインを造るべくボデガス・バシリオ・イスキエルドをスタート。栽培農家から購入する最高の葡萄から、彼ししか造れないワインを生み出す。

 

代表的ワイン

Acodo Blanco

B de Basilio Blanco


ヘスース・デ・マドラッソ(リオハ)
ヘスース・デ・マドラッソ(リオハ)

過去コンティーノの醸造家、またグラシアーノの第一人者として有名なヘスースは、リオハ格付けで「伝説の醸造家」の称号を与えられた。コンティーノの時から生産する、彼の名前を掲げたワインは希少性で入手困難。

型にはまらず自由に羽ばたく新たなヘスースのワイン。

 

代表的ワイン

ヘスース・マドラッソ・リオハ・セレクシオン


アベル・メンドサ・モンヘ(リオハ)
アベル・メンドサ・モンヘ(リオハ)

リオハ最高のヴィニュロンと称されるアベルのワイン。サン・ヴィセンテ・デ・ラ・ソンシエラに標高380〜620m、50箇所にお よぶ小さな区画を持ち、その一つ一つを大事に有機農法で栽培。様々な土壌や環境で異なる葡萄樹に耳を傾け、毎年できる限りの最良の葡萄 を育てる。

 

代表的ワイン

Tempranillo Blanco

5V


マイテーナとエクトール(ゲタリアーコ・チャコリーナ)
マイテーナとエクトール(ゲタリアーコ・チャコリーナ)

 スペイン北部バスク地方の海岸沿いの町ゲタリアを見下ろす丘にある、小さな区画のブドウ畑より。人為的介入を最小限にとどめ、自然の中で最も自然なままのブドウを栽培することを可能にしたのは、彼らの知識と経験と技術、そして愛情です。

 

アドゥール


アデガ・ド・フラン(リベイラ・サクラ)
アデガ・ド・フラン(リベイラ・サクラ)

 美しいシル川の絶景を望む ありえないほどの急斜面からなるブドウ畑は、そのほとんどが樹齢が80年から100年以上の古樹。そこで100年以上葡萄を栽培しワインを造り続ける彼らのワインは、テロワールそのものを映し出した美しい味わい。

 

カミーニョ・ノボ


カストロ・デ・ロバルサン(モンテレイ)
カストロ・デ・ロバルサン(モンテレイ)

 スペイン北西部のガリシア地方MonterreiのVillaza村にあるカストロ・デ・ロバルサンのブドウ畑は、昼と夜の寒暖差の激しいミクロクリマ(大西洋と大陸性気候の影響)から。土壌は花崗岩と少量の石英を含んだ砂利と砂。テロワールを忠実に。100年以上の家族経営ボデガ。

 

代表的ワイン

カストロ・デ・ロバルサン


アントニオ・パラシオス(リオハ)
アントニオ・パラシオス(リオハ)

視覚障がい者たちの優れた感覚的により造られるワイン。有名醸造家、ワイン学部教授、成分分析機関教授のアントニオはそのサポート役。

 

代表的ワイン

ラサルスワイン・グリーンラベル

ラサルスワイン・オレンジラベル


 

エセキエル・ガルシア(リオハ)

El Brujo(魔法使い)と呼ばれリオハの時代を作り上げていった歴史的醸造家。昔の古き良き時代のリオハのワイン造りによる味わいを、今見事に表現している。クラシックリオハの真髄そのもの。 

 

代表的ワイン

ロス・アウトーレス・グラン・レセルバNo2